更新情報・お知らせ

2019/06/08
no.248商談中です。
2019/06/05
no.247、no.248、no249入荷いたしました。
2019/05/21
ただいま売れ行き好調につき、売り法人をお持ちの方はこの機会にぜひ!
2019/05/20
no.244、no.245更新いたしました。
2019/05/10
一覧表を更新いたしました。
2019/05/01
令和元年もよろしくお願い申し上げます。
2019/04/15
一覧表を更新いたしました。
2019/03/19
No.215、一般派遣業値下げいたしました。
2019/03/18
No.236、237、239、240掲載開始いたしました。
2019/02/25
在庫過少のため、売却情報お待ちしております。
2019/02/22
No.231、232、233、234掲載開始いたしました。
2019/02/07
売却法人リストを更新いたしました
2019/02/01
売却法人リストを更新いたしました。
2018/07/01
コンプライアンス(お客様のご身分確認、ご注意事項等)について改訂いたしました。特に法人を買収したいというお客様はご確認をお願いいたします。


最新入荷(6/10更新)


 直近の入荷案件でございます。
 その他売り会社一覧表のほうをご参照くださいませ。

NO. 設立年
本店所在地
法人形態
資本金
主な事業目的・概要  販売価格
249  平成21年
台東区 
株式会社
700万円 
・休眠届提出済み(H24〜)
銀行口座(りそな銀行)

42万円 
247 平成28年
東京都千代田区
株式会社
2000万円 
・資本金大きめの法人です
銀行口座(UFJ、みずほ)
・稼働1年未満、決算なし

80万円 
244  平成31年
東京都都中央区
一般社団法人  ・設立後ほぼ未稼働
銀行口座(城南信用金庫)

40万円 
243 平成4年
春日部市 
有限会社
400万円 
・宅建免許、埼玉県知事(7)


370万円 
215  平成26年
新宿区
株式会社  一般派遣業許可
・有料職業紹介事業許可

・極めて好条件の派遣業
 今後の入荷はいつになるかわかりません。

4月値下げ
750万円



入荷待ち情報(5/10更新)


 頂いた買収希望のお問い合わせの中で、弊社で在庫がなく対応できなかったものなど掲載させていただきます。
 こういった案件の需要が高いということになりますので、お手持ちのお客様はぜひお声がけくださいませ。
 >>過去の入荷待ち案件一覧はこちら

受付日 地域 主な事業目的・概要  希望価格
5/10 不問 ・旅行業、IT系、製造業
・売り上げ規模5億〜25億
・従業員10人以上
応相談
5/10 不問 ・社歴がある程度長い
・休眠しておらず、近年まで決算等を行っている
・法人格のみでOK
数十万程度
5/10 不問 ・有料職業紹介事業


数十万円〜
5/10 不問 ・古物商の許認可のある法人

応相談



弊社取扱い案件について


弊社では以下のような案件を得意としております。

・許認可を持つ法人のM&A
 事業の譲渡を含む、含まないに関わらず、不動産業、建設業、派遣業など許認可を持つ法人のM&Aです。
 

・中小・零細企業を対象としてたマイクロM&A
 売上が数百万円から数千万円といった寡少な中小零細企業のM&Aは日本ではこれまであまり行われておりませんでした。
 そういった案件を手掛けM&Aを活発なものにしたいと考えております。
 うちのような法人が譲渡できるのか、とお考えのお客様もぜひ一度ご相談ください。

・事業活動を行っていない、ご不要な解散・清算を検討している法人のM&A
 中には数年前に事業はストップしてしまったが、不要な法人格を処分したい、という方もおられるかと損じます。
 いわゆる休眠会社と呼ばれるような法人ですが、そういった法人にもこれまでの活動実績など、価値はございます。
 費用をかけ解散するよりも、、わずかでもお手元に資金を残すことが可能です。


上記の他、M&Aにかかわることであれば、どのようなお話でもご相談に応じさせていただきます。
お気軽にお問い合わせくださいませ。



ご挨拶

 
 ー会社売買ねっと.bizは小規模M&A(会社売買)のマッチング、サポートを行うWEBサイトです。
 
 会社売買ねっと.bizは中小企業、零細企業のM&Aのマッチングを行っております。
 法人を売りたいという希望を掲載し、買収したいというお客様を募っております。
 また実際に契約、譲渡の実施の際に、専門家としてアドヴァイスをおこない、円滑なM&Aの推敲をサポートいたします。

 ―中小企業・零細企業がのM&Aが行うことで日本経済を活性化したい。
 
 M&A、というと日本ではまだまだ実施件数も少なく、特に中小企業や零細企業の経営者にはなじみの少ないものかもしれません。あくまでも上場企業が大掛かりに行うものだといったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。一方で例えばアメリカでは上場・非上場を問わず広義でのM&Aが圧倒的な件数で行われております。

 私共も仕事をする中で、思いもしないようなご要望を耳にすることが多くあります。
 『こんな会社があったら買収したい。』という希望を抱えたお客様が実はたくさんいらっしゃいますが、それをどこにあるのかわからないといったお客様がほとんどでございます。弊社ではそういったお客様の声に耳を傾け、ご希望にかなうような企業をご紹介させていただいております。


コンプライアンス


 弊社ではコンプライアンス(法蓮順守)に努めております。
 特に反社会的勢力とは一切の関係を遮断し、仮にお問合せをいただいた段階でも疑わしいと判断される場合には、取引の拒絶や警察等行政庁への通知や相談を行わせていただきます。
 特に法人購入者と、取引に関連するお客様のご身分確認については行っております。また変更登記については司法書士を用いるか、譲渡法人の関係者によるご本人による実施を行っており、変更登記がが確認できてからの法人のお引渡しを推奨しております。詳しくは画面右メニューおよび下記よりコンプライアンスの項目をご確認ください。

>>コンプライアンス(ご身分確認、ご注意事項)




メインメニュー

会社売買についてのご説明

休眠会社について

M&A(稼働会社の売買)について

許認可M&A(許認可売買)

運営情報


法人売却価格

登記関連情報

許認可

M&Aコラム

M&A事例集







PAGE TOP