一般貨物自動車運送事業


概要:

5台以上のトラックでの運送事業を営むのに必要な許認可です。
国土交通大臣管轄の許認可になります。

一般免許と特定免許がありますがほとんどの場合一般免許となります。
特定の場合、1社の顧客としか取引ができません。



主な要件:

・営業所
  ・1年以上の使用権原
  ・都市計画法、農地法、建築基準法などに抵触しないこと(地目が田、畑また市街化調整区域は不可)
  ・規模が適切なこと(目安としておよそ10u以上、マンションや社長の自宅可)

・車庫
  ・1年以上の使用権原を有すること(登記簿謄本や賃貸借契約書、使用承諾書等で証明)
  ・原則として営業所に併設していること(併設できない場合は営業所から約10km以内、地域によっては20km以内)
  ・車両と自動車車庫の境界及び、車両相互間の間隔が50cm以上確保されていること
  ・必要面積の目安 7,5t超車38u 7,5t以下車28u 2tロング車20u 2t以下車15u
  ・計画する自動車全てを容易に収納できること
  ・他の用途に使用される部分と明確に区分されるものであること
  ・車庫前面道路の幅員が車両制限令に抵触しない事 車道幅員6,5m以上
  ・農地法、都市計画法に抵触しない事

・車両
  5両以上、リースでも可

・休憩睡眠施設
  1名あたり2.5u以上

・運行管理体制
  ・運行管理者(国家試験に合格の必要あり)、整備管理者(実務経験者、自社社員)の確保

・資金計画
  車両費、土地費、保険料、各種税金など事前にある程度の運転資金が必要である





建設業許可を所持する法人のM&A、会社売買

挙げだすときりがありませんが、要件が多岐にわたり大掛かりな準備が必要な事業。許認可です。
取得も3か月から半年ほどかかるそうです。
よって事業丸ごと継承希望の比較的大掛かりなM&Aになるケースが多いですね。
たまに出物があります、また特に関東圏は買収希望のお問い合わせもいただくことがあります。
資産がある程度必要な事業のため、譲渡・買収金額は高額になります。
また人的な引継ぎが発生する場合がございますので、その辺の保証も必要です。





PAGE TOP