会社は解散しないで売りましょう



会社を閉めるには様々な事情があるかと思います。
法人経営から個人経営への個人成り、高齢による引退、不景気による廃業……。
通常、活動を行わなくなった法人は解散する必要があります。
ところが会社を解散・清算するためには以下のような煩雑な手続きと長い期間、そして費用が必要となります。

  @株主総会の開催、解散の決議と清算人の選任
  A株主への解散通知、税務署への会社解散届の提出
  B債権申出の公告・通知(解散から2ヶ月以上の期間が必要)
  C会社解散登記、清算人選任登記
  D株主総会で解散時の財産目録と貸借対照表の承認を受ける
  E税務署に解散確定申告書を提出
  F債権申出期間の満了、残余財産の確定、株主総会による承認
  G清算結了登記
  H税務署に清算結了届・清算確定申告書を提出


どうですか、正直ものすごく面倒くさいですよね。
およそ三ヶ月ほどの期間を要しますし、司法書士さんに依頼することになると十数万円の費用がかかります。



そこで出てくるのが会社売買・M&Aという選択肢です
会社を譲渡してしまえば解散手続きとそれに伴う費用は掛かりません。むしろ譲渡代金を手にすることができます。
事業をストップしている休眠状態の会社・法人でも価値はございます。
いかがでしょうか、解散をする前にお手持ちの会社を譲渡してみませんか?
弊社にご用命いただければ安心・安全なM&Aをお手伝いさせていただきます!!
ぜひ一度お問い合わせください。


⇒お手続きの詳細はこちらをクリック





PAGE TOP