一般社団法人とは


ポイント:

 一般社団法人とは、営利を目的としない、非営利法人です。
 ここでいう非営利法人とは、株式会社のように利益の分配・配当をしないという意味で、お金を稼ぐことはOKです。

 ・NPO法人との違い:活動範囲に縛りがない
 ・公益社団法人との違い:公益社団法人は、公益性が求められ、行政庁による公益性認定が必要です。
            

組織・機関

 社団法人とは、人が集まることによって法人格が付与されるため、2名以上の社員が必ず必要です。
 そのうち最低1名が理事に就任しなければならないほか、社員総会の設置が必要です。
 また定款の定めによっては、理事会、幹事、会計監査人といった役職を設けることができます。
 なお、少し特殊な点として、法人も社員になることが可能です。


一般社団法人のメリット

 ・名称からなんとなくイメージされる社会的信用
 ・任意団体と違い、法人格が付与されるため、法人名義で契約の締結や、不動産の名義人になることが可能になる
 ・設立時に出資金が不要、基金制度の採用が可能



一般社団法人の譲渡・売買

頻度は低いですが、購入・売却共にお問い合わせがございます。
名前から何か公益性の強い団体のように思いがちですが、設立は極めて容易のためそれほど高額な取引とはなりません。
ただし、活動をしっかりと行っていて名の通った団体の場合は全く異なります。


PAGE TOP