休眠会社とは



・休眠会社とは、長く事業活動を行っていない会社のこと


休眠会社とは、簡単に言えば長く活動していない会社のことです。
会社を立ち上げたけれども、現在事業活動を行っていない、法人格のみ存在する状態です。
あまり良くない意味を込めてペーパーカンパニーと呼ぶ場合もあります。

厳密にいえばいくつか異なる意味を持つ場合もあります。
法的には休眠会社とは『株式会社であって、当該株式会社に関する登記が最後にあった日から十二年を経過したもの』となります。会社は特に変更点がなくとも10年に一度は登記を行わなければいけないことになっているため、10年を超えて登記がなされていないのであればその会社は活動していない、という理屈でして、この会社法上の『休眠会社』に該当する場合には強制的に解散させられる場合があります。
そもそも会社法としては、事業活動を行わない会社は解散してください、というスタンスなのでしょうが、なかなかそうはいきません。よって前述の『会社を立ち上げたけれども、現在事業活動を行っていない、法人格のみ存在する状態』の休眠会社が多く存在するということになっています。

また税理士などは、休眠届を税務署等に提出した会社を休眠会社と呼ぶ場合があります。
『休眠届』というものには正式には存在しない(つまりこれも活動しないのであれば解散してくれ、というスタンス)なのですがやはり実態にそぐわないため、税務署の『異動届出書』に『平成○○年○○月○○日 休業』などと記載して提出すると事実上の休眠届として受理されます。なお一部の地方自治体では休眠届を提出することで法人住民税が免除されます。



続く

PAGE TOP