印鑑がない!? いろいろ紛失していても法人の売却は可能でしょうか?


法人の売買に必要な物品がないから、あきらめる。
こんなお客様が多くいらっしゃいますが、実は売買可能です。

特によく相談を受けるのが会社実印(法人印)を紛失しているというケース。
これ、実は簡単な話で別の印鑑を登録しなおせばOKです。
手続きも楽々で管轄の法務局に代わりの印鑑と個人の印鑑証明書&印鑑を持っていけばいいだけ。
改印届というものを出すだけでよいのです。


さらにここでもうひとつ。
法人印鑑ってあの立派な印鑑じゃないとダメと思っている方、いらっしゃいませんか?
下手なとこでアレつくると意外と高いんですよね〜。
じつは法人印として登録する印鑑は直径が1センチ以上あれば何でもOKです。
さらに印影も何でもいいんですよ。
例えば『トヨタ』という会社の場合、印鑑にはトヨタと書いてないとダメと思っていませんか?
何でもOKです。
ぶっちゃけサイズさえ満たしていれば適当な三文判でいいんです。

なんでこれを書いたかと申しますと
『印鑑をなくした会社を復活させるのは難しいのでは……』
『印鑑をまた作ると高いから会社売買はあきらめる』
と考えてもらっては困ってしまうからです。
どんなケースでもけっこう解決策があるので一度相談してみてください。
方法も含めてしっかりコンサルティングいたします。

PAGE TOP